デザインをいろいろ考える中で、次はメレダイヤで主役のダイヤモンドをぐるっと囲むようなデザインも考えました。 「ヘイロー」などと呼ばれるデザイン ですね。

ヘイローのデザインにも素敵なのがたくさんあるんですよねー!例えばこんなのとか。

真ん中のダイヤモンドは立て爪で留めて、その周りにメレダイヤを敷き詰めたかんじですね。すごく華やかになりますよねー!

同じデザイナーで、もう少し凝ったこんなデザインもありました。

メレダイヤのヘイローをさらにぐるっと地金で囲んだデザイン。これだとちょっとアンティークっぽい雰囲気も出ますね。

もう一つ同じデザイナーで、さらに華やかなヘイローデザイン。

センターストーン(主役の石)の周りに、まず1周小さめのメレダイヤで囲んで、更にその周りを少し大きめのダイヤで囲んでいます。ちょっと雪の結晶みたいでもあり、とてもゴージャスです。

ちょっとアレンジ系のヘイローのデザインも。

これもヘイローという括りに入るのか?良く分からないですが、メレダイヤがアクセントになっていてとても可愛い!

続いてこちらは、センターストーンを覆輪留で留めて、その周りをメレダイヤで囲ったデザイン。

これだとかなりアンティークな雰囲気になりますね。

このデザインだと、周りのダイヤもメレというにはちょっと大きい感じ。より存在感が出ますね。

とても似たデザインで、動画がありました。

このデザインで使っているのは、丸いローズカットダイヤモンドです。私のセンターストーンもローズカットダイヤモンドなので、イメージにリアリティが湧きます。

湧くんですが。

ローズカットのダイヤモンドって、ブリリアントカットほど強く輝かないんですよね。

なので、ローズカットダイヤの周りにブリリアントカットのメレダイヤがあると、指輪そのものの存在感はぐっとアップしますが、肝心のローズカットダイヤがあまり目立たなくなってしまう気がしました。

そこで考えたのが、

「私は指輪そのものに存在感が欲しいのかな?それとも、あくまで私が『コレ!』と選んだローズカットダイヤモンドが一番引き立つデザインの指輪が欲しいのかな?」

ということでした。

これはすぐ結論が出まして、

やっぱり私は、すっかり心奪われたあの美しいローズカットダイヤモンドの魅力が一番分かりやすいデザインが良い!

と思いました。あのローズカットダイヤモンドに一番の存在感を持ってほしいなと思ったのです。

あと、ヘイローリングって、かなりブライダルな雰囲気でもありますよね。ウェディングドレスにこそ似合うような。

でも私が今欲しいのは、日常でも使いやすいデザイン。ヘイローは華やかで可愛くて本当に素敵ですが、この意味でも私が欲しい指輪のデザインではないかな、と思いました。

すっごく可愛いんですけどね!(またちょっとヘイローとは違うかな?)

というわけで、今回私はヘイローデザインは選ばないことにしました。

こんな感じで、ちょっとずつデザインのアイデアを絞って行きました♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。