先日は、とても素敵なシャンパンカラーのローズカットダイヤモンドに出会ったところまで来ました。

このダイヤモンドは、色とカッティングがとても素敵だったのですが、オーバルではなかったためあまり心惹かれずこれも諦めたのでした。

そして!執念深くまた次の工房を訪ね、ここでも2つのローズカットダイヤモンドを提案してもらいました~(私のこういう執念深さ、ほんとすごいなと思う)

それがこちら。

またまたローズカットダイヤモンド♪

どうでしょう?どうでしょう?もう一つ別の写真載せてみると、こんな感じ。

間近で撮った写真。

近くで撮った写真だとだいぶ存在感あるのが分かります。

2つのうち小さな方は前回のとほぼ同じサイズで1カラットないくらい、大きな方は前回のより相当大きめで、確か1.7カラットくらいでした(正確な数字忘れちゃった…)。

もちろん私は石の存在感がある指輪が欲しいので、大きな方が嬉しい。

が、ここも実はあまりときめかなかったのです。。

一つには、色がだいぶ薄くあまりシャンパンカラーの感じがしなかったこと。

それから、恐らくインクルージョンだよね?というのが石の中央に見えます。

インクルージョンだよね?

そして、写真だとあまり分からないのですが、ちょっと油っぽい汚れが全体を覆ってるように見えたのです。これが私には決定的だった。

ローズカットダイヤモンドって、アンティークとしての石の場合当然古いわけですよね。汚れていることも普通にあります。

で、これらの石がアンティークだったのかは分からない(聞くの忘れた)んですが、私は普通にきれいな石の方が欲しいなと。

実際にアンティークだったとすると全然価格が高くなっただろうと思うので、多分これはただ汚れてただけなんだと思うのですが、その場でごしごし磨いてみてもあまりきれいにならなかったので、

「いや、ダメだろこれは…」

となりました。

なかなか、これだー!という石に巡り合いません!

でも、「一生もの」なんだからこれくらいじっくりと時間を取って吟味して、100%心からハッピーに理想の指輪を手に入れたい。

それに、「次は出会えるかな?」とわくわくしながら、自分の指に夢みたいに素敵な指輪が輝いているのを想像しながら探して歩く、このプロセスそのものがとても楽しい。

さー、次行きます!

ちなみに、どこかで今までに見てきたダイヤモンドのサイズや色や価格を一度全部まとめますね。確かまだ書いてなかったはず。(⇒まとめました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。