日々、夢の指輪探しに余念がありません(笑)

今日も、探している中で見つけたアトリエから気に入ったデザインの指輪をいくつか載せます。

ここはまたアメリカのアトリエなのですが、今まで載せたアトリエとは違ってむしろいわゆるゴージャスなエンゲージリングのデザインに近い気がします。

 

最初に気に入ったのはこれ↓

 

View this post on Instagram

 

Trabert Goldsmithsさん(@trabertgoldsmiths)がシェアした投稿

オーバルのローズカットダイヤモンドの指輪がメインで、お得意の重ねづけ。重ねづけしている下の方の指輪のデザインもとても気に入りました。しかしこれだと結婚指輪が2本あることにならないのだろうか。。

ちなみにこのローズカットダイヤモンドは1.22カラットだそうです。

 

こちらはペアシェイプダイヤモンドの指輪の重ねづけ。

 

View this post on Instagram

 

Trabert Goldsmithsさん(@trabertgoldsmiths)がシェアした投稿

このダイヤモンドはローズカットダイヤモンドではありません。でもなかなか素敵。重ねづけの組み合わせが上手なんですよね。このペアシェイプダイヤモンドは1.50カラット!

 

これはオーバルローズカットダイヤモンドの指輪一本のみの装着図。

 

View this post on Instagram

 

Trabert Goldsmithsさん(@trabertgoldsmiths)がシェアした投稿

ブリリアントカットのような強い輝きではなく、光り方に深みがあってとても素敵。やっぱり好きです。

 

しかしこのアトリエのデザインは、日本の控えめなデザインと違って、ダイヤモンドがでかい!なんか、全体的にちょっと派手ですね(笑)

こんなのとか↓

 

View this post on Instagram

 

Trabert Goldsmithsさん(@trabertgoldsmiths)がシェアした投稿

3つのダイヤモンドの指輪はメーガン妃の婚約指輪っぽいデザインですね。これを日本でつけていたらさすがにいろんな意味で目を引きそうです。

 

そういえば、10年以上前、まだ日本で会社員をしていたころ、当時お付き合いしていた男性がくれたダイヤモンドの指輪がたぶん0.1カラットでした。気に入って職場に着けて行っていたら、同僚に「目立つよ」と言われたことがあります。

0.1カラットで目立つんじゃ、1.5カラットなんてありえないですね(汗)

でも、これは10年以上前の話だし、近頃ではそんなこともないのでしょうか?

ちなみに私が今住んでいる国では、誰も見もしないし気にもしません(笑)

 

こちらはブリリアントカットでもローズカットでもなく、オールドヨーロピアンカット。これもなかなか派手な組み合わせ。

 

View this post on Instagram

 

Trabert Goldsmithsさん(@trabertgoldsmiths)がシェアした投稿

オールドヨーロピアンカットも、けばけばしくなくて味わいがあって素敵ですね。

私にはローズカットの方が魅力的ですが、オールドヨーロピアンカットも、定番のブリリアントカットではないちょっとクラシカルなカッティング方法が素敵だなと思います。

 

はー、世の中には素敵なジュエリーが本当にたくさんある…(うっとり

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。