前回ティファニーの指輪をいろいろ見て、その後また別のいろんなブランドの指輪を見ていて気付いたとても基本的なこと。

「ティファニーみたいな世界の有名ブランドのデザインは、似ているデザインでもっと安く他のブランドも作ってる。」

そりゃそうだって話なんですけど。

 

例えば、私好みのデザインが多いバイザヤードシリーズ。(バイザヤードって、字面だけ見るとバイオハザードみたいですよね、どうでもいいか笑)

 


Tiffany&Co. ティファニー バイザヤードリング

 

石をメタルがぐるっと取り囲んだ「覆輪留」(フクリン留と書いたりもするらしい)のデザインが、バイザヤードのシリーズの特徴ですが、こういうデザインの指輪、普通に見つかるわけですよ。

これはオレフィーチェという日本のブランドです。ほとんど同じですよね。

>>オレフィーチェのチェーンリング

しかもダイヤのサイズは、ティファニーが0.07カラットなのに対してオレフィーチェは0.1カラットなので、オレフィーチェの方が少し大きい。素材はどちらもプラチナ。

そして価格は、ティファニーが約10万なのに対してオレフィーチェが22,500円。ティファニー1本でオレフィーチェが4本買える…

それだけティファニーのブランドの価値が高いということなんでしょうけど、なんだかこれを見るとティファニーで買う意欲が少し削がれてしまいます。

 

もう一つ見つけたのは、ティファニーTのワイヤリングに似てるデザイン。

まずこちら↓がティファニーTのリング。


ティファニー TIFFANY&Co. Tワイヤーリング

 

そしてこちら↓はFolli FollieのMY FFリング。


フォリフォリ MY FF open ring指輪

 

もー、ほとんど一緒じゃん!!!

なのにティファニーTワイヤーリングは20万越え、一方フォリフォリは約1万円ですよ。

ティファニーはホワイトゴールドとダイヤ、フォリフォリはシルバーとキュービックジルコニアです。なのでもちろんの価格差なんですけどね。

 

こうなると、何だか人に「どこで買ったの?」って聞いてもらって「フォリフォリじゃなくてティファニー☆」ってわざわざ答える機会がないと自分が納得できなくなりそうな(笑)。

で、「でもフォリフォリでほとんど同じデザインがあるならわざわざ高いお金出してティファニー買わなくても良くない?見栄っ張りなの?」なんて言われようものなら、必死になって自己防衛に励むことになるのです。あぁ切ない。

この発想がまた、人に見てもらって認めてもらうため、という他人に依存した感覚でもあり、結局はそちらに偏ってしまう自分に苦笑してしまうところでもあるのですが。

 

こうやっていろいろ見てると、自分は何に価値を見ていてどんなふうにお金を使いたいのかとてもとても考えることになります。

自分にとってのお金の価値を良くよく理解して、自分が価値を見るものに気持ちよくお金を払えるのって成熟した大人のあり方だなぁと思います。

そんな風に大人なお金の使い方ができる自分で、自分がとてもハッピーになれるジュエリーを見つけたいものです。

 

さて、そんな風にして一生ものの指輪探しはまだまだ続きます☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。