さてさて、ちょっと気合の入った指輪探し、ハリーウィンストンをチェックした次は、カルティエを見てみました。

Cartier Officialさん(@cartier)がシェアした投稿

これ、メーガン妃が挙式後のパーティーでつけたピアスと同じシリーズですね。「リフレクション ドゥ カルティエ」というらしい。

カルティエって、私の中では40代以上のブランドのイメージ。大人の女性らしいエレガントなイメージっていうんでしょうか。ハリーウィンストンの方がもう少し可愛らしい感じですね。

 

Cartier Officialさん(@cartier)がシェアした投稿

これは超豪華!「トリニティ ルバン」というコレクションです。価格は問い合わせなければならないらしい。

イブニングドレスで出席するパーティーのような大きな場面で映えそうな華やかなデザインですね。しかし、これをするからにはピアスやらネックレスやらもバランスの取れたものにしないと指だけ浮くなぁ。っていうか、いつもシンプルが好きな私の雰囲気とはまったく合わないです。

そして、普段から使いたい私には、価格の面でもデザインの面でもやっぱりまったくかみ合いません(笑)。

 

Cartier Officialさん(@cartier)がシェアした投稿

これは「LOVE」コレクション。ダイヤモンドが少ない分?価格帯はカルティエの中ではずいぶんリーズナブルで、一番シンプルなのは10万円台から。

有名ブランドにはとても無知な私でも、このコレクションはどこかで見たことがある気がします。ということは、それだけ知られたデザインてことで、「あぁ、あのブランドのあのデザインだな」って分かるってことですね。

 

それ、どうなんでしょうね??カルティエなら、むしろ人が見て「カルティエだな」って分かってもらえることがうれしいのかしら。

私はそれはどうも嫌だなぁ…。もし、人が私の指輪を見て何か思うなら、「わぁ、この人に似合ってる!」と思ってほしい。

さらに言うなら、そもそも、誰かが私の指輪を見ても見なくても、何も思っても思わなくてもどちらでも良いのです。

でも考えてみれば、世界に知られたブランドを身に着けるって、結局は、人の目があることや、その目に耐え得るジュエリーであることが前提ですね。私やっぱり高級ブランドを身に着けるタイプの人じゃないんだわ(笑)。

 

でも、カルティエかどうかに関係なく、このデザインは結構好きです。


Cartier スクレ・ドゥ・ブドゥワール

ちょっと前のコレクションみたいですね。こんな風に、曲線がいろいろ組み合わさったデザインは昔からとても好きです。

でも普段に使うにはやっぱりちょっと華がありすぎるかなぁ。今の手持ちの服にはちょっと合わないかなぁ。好きだけどなぁ。

 

でも、少し大きめのダイヤが一粒、みたいなシンプルなデザインも気になってるんですよね。わー、どうしよ、好みのデザインの傾向が全然違う(笑)

 

んー、悩むー!そしてこの悩む過程が、たのしぃー!

引き続き、指輪探しの旅、続けます★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。